ショパンへの第一歩 商品追加値下げ在庫復活 弾く時 教える時に知っておきたいこと 音楽之友社 2021年6月号 ムジカノーヴァ 645円 ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと ムジカノーヴァ 2021年6月号 音楽之友社 本・雑誌・コミック エンターテインメント 音楽 クラシック 645円 ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと ムジカノーヴァ 2021年6月号 音楽之友社 本・雑誌・コミック エンターテインメント 音楽 クラシック 645円,ショパンへの第一歩,2021年6月号,/despumate452174.html,音楽之友社,本・雑誌・コミック , エンターテインメント , 音楽 , クラシック,intellectapplication.com,弾く時・教える時に知っておきたいこと,ムジカノーヴァ 645円,ショパンへの第一歩,2021年6月号,/despumate452174.html,音楽之友社,本・雑誌・コミック , エンターテインメント , 音楽 , クラシック,intellectapplication.com,弾く時・教える時に知っておきたいこと,ムジカノーヴァ ショパンへの第一歩 商品追加値下げ在庫復活 弾く時 教える時に知っておきたいこと 音楽之友社 2021年6月号 ムジカノーヴァ

ショパンへの第一歩 商品追加値下げ在庫復活 弾く時 教える時に知っておきたいこと アウトレット 音楽之友社 2021年6月号 ムジカノーヴァ

ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと ムジカノーヴァ 2021年6月号 音楽之友社

645円

ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと ムジカノーヴァ 2021年6月号 音楽之友社



音楽之友社
ムジカノーヴァ 2021年6月号【雑誌】

ピアノを教える人、学ぶ人の雑誌。

[特集]
ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと

●Mail Interview 海老彰子
 ピアニストとして世界に名を知られ、ご自身が入賞したショパン国際ピアノコンクールの審査員を前回に続いて今回も務められる海老彰子さんに、日本人とショパン演奏、子どもの頃からのショパンへの近づき方について、メール・インタヴューにお答えいただきました。

●ショパンへの憧れを実現するために~ショパンへ上手に導入するには(下田幸二)
 「導入に適したショパンの楽曲紹介やその指導法」のセミナー依頼をよく受けるという筆者に、ポーランドにおけるショパンの指導プログラムの紹介や、ショパンを取り上げるタイミング、ショパンへの導入に適した作品とその指導法を解説いただきました。

●「ショパンらしく」弾くためのマズルカ演奏法~3つの踊りを知り、表現に活かそう(山本貴志)
 1曲の中に3つの踊りが組み合わされている「マズルカ」。ポーランド在住のピアニスト・山本貴志さんに、その特徴やポーランド語との関係も踏まえながら、おすすめのマズルカ3曲の演奏法を分かりやすく解説していただきました。

●若きショパンのポロネーズで 憧れのショパンに挑戦してみよう(宮谷理香)
ポロネーズの特徴と演奏のポイント、そしてショパンが7才と11才のときに作曲したポロネーズの演奏法について、ピアニストの宮谷理香さんに詳しく解説していただきました。

●ショパンを心ゆくまで歌いたい人へ~なめらかなレガートをつくるショパンの未完のピアノ奏法(青柳いづみこ)
 ショパンの未完に終わったピアノ奏法草稿の画期的な内容と、レッスンへの導入のしかたや注意点等について、ピアニストの青柳いづみこさんに教えていただきました。

●ショパンのワルツ、マズルカ、ポロネーズ このピアニストの録音がおすすめ!(道下京子)
 音楽評論家の道下京子さんに、ショパンのワルツ、マズルカ、ポロネーズに絞り、古今の録音の中からぜひ聴いてほしいピアニストをご紹介いただきました。

[今月の課題曲]
バルトーク《冗談》

[トピックス]
●第1回新都心国際ピアノコンクール2021 審査委員長の井筒響子さんにきく(堀江昭朗)
 この7月10日に千葉市民会館大ホールで本選が行われる、新しいピアノコンクールの審査委員長にお話を伺いました。 

●『バイエル』を通してこそ見える 豊かな音楽史のリアル(小野亮祐)
 4月に音楽之友社より刊行された『バイエルの刊行台帳~世界的ベストセラーピアノ教則本が語る音楽史のリアル』は、バイエルについての謎を紐解くことで、バッハより続くピアノ指導の歴史、教則本という「商品」の成り立ちが見えてくる、スリリングな書。著者のお一人に、バイエルってこんな人だった、『バイエル ピアノ教則本』ができるまで、バイエルって当時の人にとってはこんな人だった、という3つの視点から、かいつまんでご紹介いただきました。

●AI時代最強の子育て戦略『「ピアノ習ってます」は武器になる』発刊!(大内孝夫)
ピアノを習うメリットを豊富なデータをもとに検証した本書の内容を、著者の大内孝夫氏に解説していただきました。

[連載]
学ぶ
●コンクール課題曲にチャレンジ!(パップ晶子)
 人気のコンクールの課題曲の中から毎号1曲を取り上げ、その演奏・指導法を詳しく解説していきます。見ながら演奏できる、カラーの書き込み楽譜付き。今月は、バルトーク《冗談》。
●音楽記号から見えてくる 作曲家の意図(轟 千尋)
 作曲家が楽譜に書けるのは、音符といくつかの記号だけ。そのため、そこには細やかなニュアンスやバランス、音色や間など、楽譜に書ききれなかった作曲家の様々な意図が含まれています。この連載では、子どもたちが楽譜でよく出会う「音楽記号」を一つずつ取り上げ、自身の作品でどのような意図で用いているかを解説しながら、大作曲家への楽譜の読み方へ発展させていき、さらにレッスンでそれをどう伝えるべきかを提案します。
 第6回のテーマは「fermata」。
●脳神経内科医のピアニストが解説 知っておきたい ピアノ演奏における脳と身体のしくみ(上杉春雄)
 ピアノを弾く人・教える人の間で常に関心の高いテーマの一つである「脳とピアノ演奏の関係」。ピアニストで脳神経内科医の上杉春雄さんに、脳科学の最前線の話題やピアノ演奏に役立つアドバイスなどを、読みやすいエッセイの形で連載いただきます。 
 第3回は「ピアノ演奏のイメージから“動き”の設計へ」。
●ピアノテーマパーク~バロックから近現代のやさしい名曲の背景をたどる~(江口文子)
 「つながる音切れる音」「両手の対話」「リズムと踊り」「色と形と構成」の4つのテーマごとに、4期の名曲を集めた楽譜『4期のピアノテーマパーク』(江口文子先生監修)と連動した連載です。「自由な気持ちが音楽のはじまり」「心に浮かんだイメージを大切に育ててほしい」という、江口先生の思いが詰まったページです。創作漫画ユニット・留守keyさんによるイラストも魅力。
 第14回は、「シューマンの《メロディ》」です。
●根源的なテーマから学びを深める 樹原涼子の誌上マスタークラス(樹原涼子)
 『ピアノランド』シリーズの著者がこれまでの研究で発見したこと、伝えたいと思うテーマを一つずつ丁寧に掘り下げる講座「樹原涼子のマスタークラス」と連動した連載。根源的なテーマから、今一度音楽との向き合い方を深く考えていきます。
 第11回は「ペダルは、空間に響きをデザインする装置だ」。
●世界史から読み解く 音楽史(広瀬大介)
 18世紀から20世紀に至る世界史の大事件と、それを描いた、あるいはそれに影響を受けた音楽作品にスポットを当てることで、音楽をより深く愉しめるようになる連載。同時代の日本の状況にも目を向け、毎回ミニミニ年表で整理していきます。
 今回は、「オッフェンバックとヨハン・シュトラウス2世の出会い」。
●入会2年で音大入試問題が解けるようになる! あやか先生の楽典ドリル(永瀬礼佳)
 曲を解釈するためには、「楽典」の知識がまず必要不可欠です。でも、楽典というと「音大入試のために勉強するもの」「子どもには難しい」と思い込んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか? この連載では、かわいらしいイラストと易しい解説付きで、幼児向けのドリルを掲載していきます。
 第28回は「ちょうの お引っこし~てんちょう と いちょう について~」。
●基礎テクニックがしっかり身につく 安川加壽子が選んだ色とりどりの練習曲(多 美智子)
 1977年に放映されたNHK「ピアノのおけいこ」のテキストには、安川加壽子先生が子どもたちのために選曲した28の練習曲が収録されました。この中から12曲を6回にわたってご紹介し、練習のポイントを多 美智子先生に解説していただきます。
 第4回のテーマは、「3度/指の細かい動き」です。

教える
●森田香先生のオンラインで使える教材シリーズ(森田 香)
 森田香先生が監修した付録を、オンラインレッスンでも使えるように再構成しました。今回は「拍子のおうち」です。
●生徒を変身させる 24のキーワード(根津栄子)
 「こどものスケール・アルペジオ」の著者としても知られる根津栄子先生に、テクニック・表現・ステージマナーの3分野にわたり、生徒を無理なく上達させるコツを分かりやすいキーワードの形でご紹介いただきます。
 今月のキーワードは、「喜怒哀楽(驚)を指先へ」。
●教えながら学ぶ アナリーゼ入門(西尾 洋)
 楽譜が読め、旋律が歌え、鍵盤が理解できるのと同じくらいに、弾いている作品の「その作品らしさ」に迫る方法を生徒が身に付けられたら、音楽はきっと一生の心の友になるでしょう。「教えながら学ぶ」ことをコンセプトとして、やさしい曲や人気のある曲を中心に、自力で作品に近づく方法を懇切丁寧に紐解いていきます。
 第8回は、「ドビュッシー《2つのアラベスク》より第1番ーー多彩な響きをつむぐ音楽」。
●ポピュラー音楽指導塾~リズム力をつけよう!~(佐土原知子)
 34年ほど前からポピュラー曲を積極的にレッスンに取り入れてきた著者が、明日のレッスンに使える様々な手法や情報をご紹介する連載。ポピュラーを4つのリズム区分に分け、ジャンル別に「演奏と指導のポイント」をお伝えしていきます。
 今回は「ロック&ポップス系616ビート」。オンラインレッスンなどでも活用できるよう、リズム音源のQRコード付きでお届けします!
●自己解決能力が高まる ばばっち先生のしつもんプログラム~ワーク付(馬場一峰)
 しつもんに答えることで、レッスンの悩みを自己解決できるようになる、馬場一峰先生のプログラムです。
 今回のテーマは、「気持ちも内容も取捨選択! より効果的なレッスンの組み立て方」です。
●保護者と良好な関係を築くための 伝え方講座(古内奈津子)
 保護者との間でよくある問題を例に、良好な関係性を保ちながらスムーズに教室を運営していくための「指導者としての考え方」や「保護者への具体的な伝え方」をお伝えしていきます。
 今回は、「教室を辞めたいと申し出があった場合の対応」です。
●バッハ《インヴェンション》が楽しくなるレッスン(福田ひかり)
 バッハの《インヴェンション》を実際のレッスンでどのように指導したらよいのか、悩まれる先生は少なくないのではないでしょうか?生徒の目を輝かせるためには……そこでご提案、子どもが大好きな「謎解き」をレッスンに取り入れてみるのはいかがでしょうか?謎が詰まった《インヴェンション》は、うってつけとも言えます。曲のしくみや歌い方を生徒さんと一緒に探しながら、楽しく創造的なレッスンを目指してみませんか?
 今月は、第13番イ短調の前編をお届けします。
●【最終回】音遊びから始めよう~ピアノレッスンにつながる表現の種~(鈴木和子)
 子どもたちの表現意欲を育てるレッスンをしている鈴木和子先生に、導入期から始められるレッスンのアイディアを教えていただきます。
 最終回は、「ころころころ~子ども自身の表現を音楽に繋げる」です。

[巻末とじ込み]
●楽譜
樹原涼子・轟 千尋・春畑セロリ
お話と音楽のきらめくバトン
 樹原涼子・轟千尋・春畑セロリという今を時めく3人の作曲家による特別企画。タイトル通り、3人がリレーでお話と曲を書いていくもので、どのような展開になってどのような曲が生まれていくのかは、バトンを渡されるまで分からないというハラハラ・ドキドキする企画。毎月誕生する新曲を、どうぞお楽しみください。
 第11話は、「あの丘に」(轟千尋)。
 
●付録 
Piano作曲家カード3
 ピアノのレッスンによく登場する作曲家を、「バロック」「古典派」「ロマン派」「近現代」のカードも含め、生誕年順に毎月4枚ずつ掲載していきます。裏面には、作曲家の生涯がすぐに分かる「ミニミニ年譜」や、レッスンの小ネタとして使える「Lesson Memo」も掲載。ぜひ、コレクションしてご活用ください。
 第3回は、「古典派、ガルッピ、C.P.E.バッハ、ハイドン」。


【判型・頁数】 A4変
【JANコード】 4910085190618

ショパンへの第一歩 弾く時・教える時に知っておきたいこと ムジカノーヴァ 2021年6月号 音楽之友社

由来を調べたい名字を入力してください。

初めてご利用の方は、必ずこちらをお読みください。

*
 
フォローする

家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 

同姓同名検索

調べたい名字と名前を入力してください。

※「同姓同名検索」についてはこちらをご覧下さい。

*
*

文献・古文書検索

スーパープレミアム会員になると、国立公文書館や各地方の文書館などにある各種文献・古文書・公文書を検索できます。

全国約30か所の文書館内の文献を一括検索できます。
日本唯一の全国文書館一括検索システムを1ヶ月3,980円でご利用できます。


※詳細な使い方についてはこちらをご覧下さい。

名字おみくじ

今日のあなたの運勢は?
一緒にいると運勢が良くなる名字もわかる!

*
*

無料会員様やプレミアム会員様(5日間無料)はハンドル名で「みんなの名字の由来」に珍しい名字の由来や登録されていない名字ルーツの追加表記ができ、ご自分の幅広い名字由来の知識を多くの検索者に知っていただくことができます。更に、知りたい名字を「情報求む」欄に掲載できます。
※追加更新された情報に関しては、不適切な表記がないかを日々運営事務局で管理しておりますので安心してご利用ください。

ユーザーの皆様は当サイトを無料でお使いいただけます。
※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

名字研究の歴史

日本人の名字や系譜についての文献としては、古くは室町時代初期に成立した「尊卑分脈」があります。洞院公定(とういん きんさだ)が編纂したもので、現在でも鎌倉時代以前の名字や家系を知る上で貴重な資料となっています。
江戸時代になると幕府や各藩の命により「寛永諸家系図伝」や「寛政重修諸家譜」を代表として盛んに家系図が作られるようになりましたが、学問として名字(姓氏)研究が本格的に行われるようになったのは、明治時代に入ってからとなります。

名字の種類

日本の名字(姓)の数え方には諸説あり、「伊藤、伊東、井藤、依藤、井東」など同じ「いとう」でも漢字構成の違いにより各1件とカウントする数え方や「伊藤」でも「いとう、いふじ」など「読み方の異なるもの」を各1件とカウントする数え方などがあります。 漢字と読みが異なるものをそれぞれカウントすると、苗字研究家であり文学博士である丹羽基二氏の著書「日本苗字大辞典」によると30万種弱と紹介されています。
日本人の名字30万種は事実か?

これまで約30万種の名字を全て完璧に網羅できた文献や資料は国内に存在していませんでしたが、日本で唯一名字を専門的に調査している機関である名字由来netでは、日本人の名字を政府発表の2021年現在の最新統計データや全国電話帳データを元に独自に調査を行い、日本の全人口の99.04%(2021年3月現在)を網羅しております。



名字ランキングでは、漢字の異なるものおよそ10万件を全国及び各都道府県、市区町村単位で人数や順位を掲載しています。

※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※全国電話帳データでは、例えば髙橋の「髙」の字は「高」として記載されており、名字由来netのランキングでは高橋に含まれます。
※助数詞、送り仮名として使用される「ヶ」「ケ」は同じものとし、例えば「藤ヶ谷」と「藤ケ谷」は同じ名字として扱っています。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

名字由来netについて

名字由来netは各名字の推計人数・順位といったランキングだけではなく、独自に調査を行った名字の由来をはじめ、日々日本中の皆様から沢山の名字情報が寄せられることにより絶えず進化している、日本人の名字「情報量No.1」サイトです。
また、iOS,内祝い 出産内祝い お返し ギフト 結婚内祝い 結婚祝い カルビー カルビー お日様と潮風のポテト(12袋) (KOSPー24) 写真入り メッセージカード対応のスマートフォンアプリもリリースしており、おかげさまでiOS版はAppStore総合第1位を2012年と2015年と2度獲得するなど、多くの方々にご利用いただいております。 姉妹サイトの「家紋ドットネット」とあわせ、名字や家紋を総合的に、かつ手軽に調べることのできる現代の必携ツールでもあります。
年間の利用者数は累計2,500万人以上。名字由来netは日本の名字業界にデジタル革命をもたらし、業界No.1として市場を広げ、牽引し続けていきたいと考えます。

名字由来netは「名字(姓)のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が一度に検索でき「使いやすさ、わかりやすさ、アクセスしやすさ」を追求したお客様視点に立った情報検索サイトです。

名字由来netは珍しい名字を含めた約30万種あるとされる日本の名字(姓)情報を、随時、更新・追加していき、国内の名字由来情報の100%近くを網羅できる情報検索サイトを目指します。
みんなの名字の由来で、皆様がお持ちの名字情報を随時受け付けしております。名字の由来、読み方、分布、人数など些細な事でも構いませんので、ご存知の情報をぜひお寄せください。

名字由来netのビジョン(基本理念)

「日本の系譜や姓氏・家系などの調査研究により人類学・歴史学の基盤の一つをなす地域や郷土の歴史や先達の優れた学業を知り、高尚かつ健全な日本人の名字・由来・家系図の普及と復興に関する活動を行い、日本人の社会文化活動の発展に寄与する。」

我々は理念を踏まえ、「地球的視野に立ち、世界中の顧客満足のため、『愛』をもって質の高いサービスを適正な価格で提供する」ことを目指しています。

名字の豆知識

日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数多くあります。理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。例えば「東海林」さん。山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。結果「しょうじ」と読む名字になり、平民苗字必称義務令後の現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。
丹羽氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、「難読姓氏・地名大辞典」をぜひご一読頂きたいと思います。

名字研究家


太田亮(おおた あきら 1884-1956)氏は「姓氏家系辞書」という日本初ともいえる名字の辞書を1920(大正9)年に刊行しました。
さらに日本各地の氏族の出自、系譜について7年もの歳月をかけて調べ上げ、1942(昭和17)年に「姓氏家系大辞典」として上梓しました。計3巻、7,000ページを越える大書である「姓氏家系大辞典」は、現在でも姓氏研究において欠かすことの出来ない第一級の文献とされています。


そして、それを受け継いだのが太田氏や民俗学者として著名な柳田國男氏らに師事して名字研究を始めた丹羽基二(にわ もとじ 1919-2006)氏。
全国100万基の墓を巡るなどして、名字や家紋の研究を行いました。代表的な著書に「日本姓氏大辞典」「日本苗字大辞典」があります。
日本最大100冊以上の名字本を執筆し、日本の名字研究に金字塔を打ち立てた第一人者です。

他にも国内には素晴らしい名字研究家や郷土史家が数多く存在します。名字由来netは多くの地道な研究家の方々を今後も応援し続けて参ります

家系図について

古来より日本では家系図をつくることは、ご先祖様を祀ること、供養すること、自分や先祖を清め(浄め)浄化する、重要な第一歩と考えられてきました。
そのため自身の先祖を知ること、残すことは、子孫にも影響する、伝統的でとても大切な記録ともいえます。

新鮮な豆とスパイスセット!ダールカレー 送料無料 【送料無料・同梱包可能】チャナダールとムングダールの豆カレーセット ダルカレー ダールカレー ネコポス2配送